買取ナビゲーション | 金、プラチナ買取、その他買取情報をナビゲーション

日本の金

9月 4th, 2012

マルコポーロが旅行記で記しましたが、日本は金の産出国として認識されており、有名になっていました。河原では、堆積した砂金を集めることもできたといいます。あの源義経の話の中で、金売吉次が砂金を扱っていたという逸話があります。
そして、金鉱脈での採掘も行なわれていました。これは、戦国武将にとっての重要な資金源になっていたという説があります。
Read the rest of this entry »

金の特徴

12月 26th, 2012

金という物質は、主な産出国として、南アフリカ、アメリカ、カナダ、オーストラリアといった金鉱山がメインになっています。ですが、1トンという金鉱石からは、採掘できる金としてわずか3gから5g程度しかありません。これまでに人類が発掘をしてきた金の総量は合計で約12万トンにものぼり、これは長さが50mのオリンピックプールの二杯分に相当をする量です。残っている寮がどのくらいなのかといえば、半分以下の5万トンといわれています。
Read the rest of this entry »

金婚式・銀婚式

12月 20th, 2012

結婚25周年、結婚50周年の、銀婚式と金婚式については日本でもよく知られるものになっていると思います。
しかし、これはもともとは欧米で行なわれていたもので、年数にちなんで品物を送っていたという習慣があります。
Read the rest of this entry »

金や銀の重さ

12月 13th, 2012

金という物質は、見た目に反してその重さがかなりあるという物質です。金を手に持ってみたとき、見た目以上の重さがあるということに驚くと思います。1kgの金のインゴットの場合、大きさとしては115mm×52mm、厚さは8mmほどですが、このくらいの大きさでも水1リットルとほぼ同じだけの重さがあるということなのです。比重では純金は19.34になります。同じ体積の水と比べると、なんと19.34倍もの重さが存在しているということです。
Read the rest of this entry »

白金とホワイトゴールドの違い

12月 6th, 2012

ホワイトゴールドは、そのまま翻訳をすれば白金、となります。
しかし、白金とホワイトゴールドはまったく別の金属であるということを知っておきましょう。
最近ではあまり聞かない言葉かもしれませんが、白金というのはプラチナという金属です。
Read the rest of this entry »

品質保証書

11月 30th, 2012

鑑定や鑑別が行なわれていない商品の場合、そこで取り扱っている店舗から保証書の発行をしてもらうこともできます。
ダイヤモンドの販売をしていることが記載された保証書であれば、プレゼントに使うこともできるようになりますね。
Read the rest of this entry »

鑑定書

11月 22nd, 2012

鑑定書の発行は、宝石鑑定士の集団によって行なわれることになります。世界には共通の基準が存在していて、これに従って鑑定が行なわれていきます。鑑定の基準は、4Cといわれているもので、カラット、カット、クラリティ、カラーという四つの要素です。
通常、一枚の鑑定書を作成するためには、鑑定士は二人体制でチェックをするようになります。4Cのうち、カット、クラリティー、カラーという部分に関しては、鑑定士の目と勘によって行なわれる部分が多くなるためです。確実性のために、二人で鑑定にあたるということになります。鑑定書では、このような基準に従ってグレードの記載が行なわれます。
Read the rest of this entry »

鑑別書

11月 15th, 2012

その宝石の種類と、天然であるかどうかという判断をするための証書が鑑別書といわれているものです。
宝石そのものの価値が決められるのは、この鑑別書ではありません。
宝石が本物である場合、天然と認めるという旨の記述が行なわれます。
Read the rest of this entry »

ダイアモンドとカラーストーン

11月 8th, 2012

それ以外の宝石とダイヤモンドには、いくつの違いがあります。
宝石の場合、ダイヤモンドとそれ以外のカラーストーン、というように分化しているほど、
ダイヤモンドは特殊な物質でもあります。
Read the rest of this entry »

純金積み立てとは

1月 8th, 2013

純金積み立て、といわれるシステムがあります。これは、毎月指定した金額が引き落とされていき、その代金によって購入をすることができるだけの一定の金を自動的に買い付けるというものです。そして、ここで購入をした金を貯蓄していきます。
Read the rest of this entry »